粗大ゴミを安く処分する方法

>

ロックとコーラの瓶から、ポップスと缶ビール

断捨離が出来るもの

ぽんこつ、とは壊れかかった自動車など壊れていたり使い古したものを一般的にさしますが、思わず自嘲したりする時に使ってみては、笑いを取る言葉として愛嬌がありますね。
僕と一緒でぽんこつの車だから、と言ったからって、必ずしも持ち主が少し謙虚に言っている訳ではありません。
長年飼っていて自分になついている愛犬が年老いてしまったような、永久保存はなかなか出来ないのでこの車もいつスクラップになるかというような悲哀も含まれているようですので、返事には気を遣いましょう。
愛着のあるものを処分するのには、それなりの勇気がいるものです。
機械は壊れれば用を済まして心置きなく処分できるが、置き物などはいつ処分すべきか見当もつかず、場所さえ許せば永遠にその場所に置いていそうです。

動かしてカミナリ

古い農家の大きな家に嫁いで、掃除をしても絶対に置いてある物の位置や場所を変えてはいけないのが鉄則と教えられたもの。
邪魔ジャン、なんて言って少しでも位置を変えたり別の場所に押し込もうものなら、カミナリが落っこちそうです。
陣取りゲームでもないし、沽券に関わると品位や体面にさしつかえる訳でもないのに、と内心ブーイングでも、絶対に口角は下げないで。
長年の住処の配置は、少しでも変わると気持ちが悪いものなのかもしれません。
額などの少しの傾きさえ、気になり始めると気持ちが納まりません。
人の感覚はそれぞれで、極まった水平感を指図できる人はいるものです。
子供の頃からのぬいぐるみや毛布も、捨てられない人もいます。
高齢者の、ものに対する執着がひどくて片付かないのも、仕方がないことかもしれません。


この記事をシェアする