>

部屋が、心の中の模様

行方

日本のゴミの輸出先の中国が環境のため規制してくると、日本は輸出せず、利用した後のプラスティックを国内でリサイクルする。
大手の飲料系企業も、再生の専門企業と組んで、リサイクル設備を導入。
以前は日本の排出量約9百万トン強の10パーセントを、輸入先の中国のリサイクル市場でまかなっていたこともある。
それは日本の排出量の輸出の70パーセントにも値するものだった。
粗大ゴミやペットボトルなどを回収されたものを、回収業者が中国他のアジア諸国に輸出していた。
規制するアジア諸国が増え、国内の再生需要から、最新鋭の技術を使い再生廃材で配送などのケースを作る新工場も期待されている。
企業の飲料用ペットボトル販売数の数パーセントになる再生容器の生産をし、そして、再生容器生産時の二酸化炭素を4分の1程度抑えられるのはエコです。

リサイクルの方法は色々

再生紙の品質も向上して、インクの具合も良く裏移りがしないのは、再生することで紙の繊維が複雑になっているためです。
エコではあっても値段が高くつくイメージも、再生紙が汎用しているため、上質紙と変わらなくなってきています。
再循環を表すリサイクルの概念も、違和感なく浸透しています。
段ボール古紙の輸出も諸国の情勢が影響しているのか、鈍くなっている。
古紙回収車も見かけず、毎日届く家庭の新聞の処理ですら悩ましい人がいるのも、市場の問題です。
大手衣料生産販売企業のリサイクルは、お客様から不要な衣料回収して、仕分け分類して届けることで難民や避難民などの社会的な支援を必要としている人に、リユースで支援し、リユース以外の衣料は燃料やリサイクルの材料として活用されているエコだそうです。


この記事をシェアする